血管年齢を若くする方法 入浴

血管年齢を若くする方法 入浴編〜お風呂で血管年齢を下げるポイント〜

血管年齢を若くする方法 〜入浴編〜

血管年齢を若くする入浴法をご紹介します。

 

その前に、血管年齢を若くするために効果的な物質を紹介します。
それは「NO」という物質です。

 

「NO」とは一酸化炭素のことで、血管を広げて血流を良くする働きがあるため注目されている物質です。

 

つまり、「血管年齢を若くするためにはNOを増やす!」ことが重要ということです。
そのNOを増やす方法ですが、“運動する”ことで増えますが、もう一つ“入浴法”でも増やすことができます。

 

今回は、この入浴法についてのご紹介。

 

 

血管年齢を若くする入浴法:自宅でできるNO分泌アップ「和温療法」

 

「和温療法」というは、正確には60度の低温サウナ(乾式遠赤外線サウナ)に15分入るというぬくもり療法です。
この療法は、最もNOのの分泌が活性化され、血流がよくなり心臓病などの改善に効果があるものです。

 

ただ、サウナに毎日通うのも難しいため、「和温療法」をご自宅でできるバージョンに変えた入浴法です。

 

@入浴前に「舌の裏」で体温を計測しておきます(深部体温の計測)。
A40〜41℃のお湯に肩までシッカリつかります(10分間)。
B深部体温が約1.0 ℃ 〜1.2 ℃上がれば入浴終了。

 

入浴時の注意点

入浴時にお湯の温度が下がりやすいので、温度管理をシッカリしてください(特に冬場は要注意です)。
追い焚き機能があるお風呂だと手軽に実践できる入浴法です。

 

「たけしのみんなの家庭の医学」でも血管年齢若返り物質NOを活性化させる入浴法として紹介されていました。

 

血管年齢を若くするサプリメント|三黒の美酢の黒酢もろみサプリ


ホーム RSS購読 サイトマップ
血管年齢を若くするTOP 血管年齢を下げるストレッチ 血管年齢測定