血管年齢測定方法

血管年齢測定方法|簡単に血管年齢の検査しましょう!

血管年齢測定方法 自宅で簡単に血管年齢を調べましょう!

血管年齢測定

血管年齢は実際の年齢に比べて
どれだけ血管が老化しているかを把握するもので、
動脈硬化がどれくらい進んでいるのかを表してくれます。

 

最近、よく耳にするようになった血管年齢ですが、
人は血管から老いていく」といわれるくらい大事なものです。

 

血管年齢は日常生活のチェックリストで大まかに確認することができます。
まずは、血管年齢セルフチェックして、年齢相応にあった血管年齢になっているか確認して見て下さい。

 

 

血管年齢セルフチェックシート

 

□ファーストフードやインスタント、脂っこい物をよく食べる
□一日の喫煙数×喫煙年数が400以上になる
□いつも忙しく時間がないと思っている
□まったく運動をしていない
□最近もの忘れが多い
□電話はすぐ取るほうだ
□血糖値、コレステロール値が高い
□手足が冷たく、しびれた感じがする
□親、兄弟に脳卒中や心筋梗塞になった人がいる
□責任感が強く仕事は絶対に手を抜かない
□血圧が高い
□階段を上ると胸が苦しくなる

 

いくつ当てはまったでしょうか?

0〜4個⇒実年齢とほぼ同じなので安心
5〜8個⇒実年齢よりも10歳、歳をとっています
9〜12個⇒実年齢よりも20歳、歳をとっています

 

特に、実年齢よりも0歳以上歳をとっている人は

 

動脈硬化が進行している可能性が高いです。

 

血管年齢は高くなってもほとんど自覚症状は現れません!

 

正確な血管年齢を知りたい方は、病院で検査を受けることをお勧めします。

 

郷ひろみの血管年齢

余談ではありますが、「たけしの健康エンターテインメント!家庭の医学」という番組で、
郷ひろみさんの血管年齢を検査していました。

 

その結果ですが、何と“20代!”という数値でした。
50代後半(1955年生まれ)にも関わらずビックリの結果です。

 

血糖値や中性脂肪など全ての数値が20代の平均値以下となっていました。

 

 

 

 

 

血管年齢を若くする【三黒の美酢サプリメント】


ホーム RSS購読 サイトマップ
血管年齢を若くするTOP 血管年齢を下げるストレッチ 血管年齢測定