血管年齢を若くする方法

MENU

血管年齢を若くする方法 <当サイト限定!> 特別価格です

きなり

他サイトで購入の場合は、初回3,790円ですが、 当サイトは半額価格です。

血管年齢を若くする方法1 【食生活の改善】

血管年齢を若くするには野菜を多くとる

余分な塩分の取り過ぎ高血糖が、血管壁の内皮細胞を傷つけてしまいます。

 

その結果、血管を硬くしてしまい血管の老化が進んでしまいます。

 

そうならないため、強い血管をつくるためにも食生活を改善することが必要です。
食生活で注意する際のポイントは3つです。

 

野菜をたくさんとる

野菜の中でも緑黄色野菜は抗酸化成分が豊富なため、
血管壁の内皮細胞を傷つけ原因を減少させますので有効です。

 

また、アスパラガス・ホウレンソウ・ブロッコリー・枝豆・菜の花・ルッコラなど葉酸を多く含む野菜も老化を進める成分を取り除くので有効です。

 

塩分は控えめ

折角、野菜を多くとっても塩分の取り過ぎは、血管組織を傷めてしまいます。
傷めてしまうと血管の内膜にコブができてしまい、血管が老化してしまいますので注意が必要です。

 

魚や大豆製品をたくさんとる

魚や大豆製品には血管の若返りに必要な栄養素が豊富に含まれていますので、
積極的に摂ることが大切です。

 

・魚
 サンマ、アジ、イワシ、サバなどの青魚にはEPAやDHAという不飽和脂肪酸が多く含まれています。
 不飽和脂肪酸は血液の中性脂肪やコレステロールを減らして血液をサラサラにする効果があります。

 

・大豆製品
 大豆に含まれるペプチドという成分にはコレステロールを正常にする働きがあります。
 また、大豆にはレシチンリノール酸が含まれていますので、これらが悪玉コレステロールを減らしたり
 コレステロールが固まるのを予防してくれます。


血管年齢を若くする方法2 【軽めの運動をする】

血管年齢を若くするには運動

血管年齢を若くするための運動は、ランキングなど息がいれるようなハードな運動をする必要はありません。

 

ハードな運動をしてしまうと血管が収縮され逆に血管年齢を上げてしまいます。
血流を良くするくらいの運動で十分です。
まずは、普段の中に「歩く」ことを積極的に取り入れるのが良いでしょう。
出勤、買い物など自転車で行っていたのを歩きにする。まずはこの程度から始めましょう。

 

慣れてきたら有酸素運動の代表格の「ウォーキング」。
汗ばむ程度に1日連続して15分〜30分が目標です。
週2回を目標にしていただくだけで良いのです。
無理のないよう続けることが大事です。

 

運動をすることで、中性脂肪が減り善玉コレステロールが増えていきます。
食生活の改善と行うことで血管年齢は若返ります。

血管年齢を若くする方法3 【食べ過ぎない・飲み過ぎない】

血管年齢を若くするには食べ過ぎに注意

血管年齢を高くしてしまう原因に食事があります。

 

食事については、塩分は控えめ・野菜を多く、野菜でも○○の方が効果が高いなど、人によっても意見が異なることがあります。

 

ただ、一つ共通して言えるのが「腹八分」です。昔から言われている腹七分、腹八分は血管年齢を若返らせるには大変効果があります。
適度な飲酒も問題ありませんので、お腹いっぱい食べ過ぎ・飲み過ぎないようにすることが重要です。

 

一度硬くなった血管は元に戻す事は大変困難になってしまいますから。

血管年齢を若くする方法4 【禁煙】

血管年齢を若くするには禁煙が大事

喫煙というと肺がんの発生を高めることで知られていますが、
血管疾患にも大きな影響をもたらします。

 

喫煙すると血管が収縮したり血圧を上昇させたりと動脈硬化や高血圧の原因になってしまいます。
ちなみにタバコを1本吸うと、血管が硬くなる状態が30分続くといわれているほどです。

 

喫煙者の方にとって禁煙はストレスとなってしまうかもしれませんが、ストレスを発散する新たな楽しみを見つける努力をしましょう。

 

喫煙は飲酒と違って体に全くメリットがありませんので、ぜひ禁煙をすることをお勧めします。

 

血管年齢を若くする方法5 【きなり】

血管年齢の若返り、血液サラサラ、コレステロール、高脂血症などに役立つ

 

きなりサプリメントのご紹介です。

 

きなりで若返り

 

きなり口コミ

 

血管年齢を若くするための効果のある「きなり」

「きなり」は、DHA、EPAを始めとしてクリルオイル・ナットウキナーゼを凝縮して配合して作られています。
血管年齢を若くするために必要な成分が多く含まれています。

 

DHA&EPA

DHAEPA

きなりのDHA&EPA含有量は、なんと500mg。
500mgは、マグロの赤身の刺し身を5人前分を食べたのと同じ含有量になります。

 

なかなか食品で摂取するのは難しいですね。
サプリメントだけで、一日の摂取目安量の約半分を摂取することができます。
含有量は、他社のサプリメンと比較しても一目瞭然。倍近く含有量が違うのです。

 

クリルオイル

オイル

DHA&EPAは、体に吸収されにくく、酸化しやすいのが有名ですね。
きなりは、DHA&EPAの吸収率を高めて酸化しにくくするためにクリンオイルを配合しています。

 

クリンオイルは、南極に生息するオキアミから抽出されたものです。
この効果を探すために、何百種類の成分を探し求めたとか。
きなりのサプリメントは、本来持っている力を損なうことなく、体に届けることができるのです。

 

ナットウキナーゼ

ナットウキナーゼ

納豆は酵素食品として、世界中から注目を浴びている成分です。
このネバネバ効果が、サラサラ作用として研究結果が報告されているほどです。

 

健康食品として切っては切り離せないナットウ。
ネバネバ成分の酵素が、サラサラパワーを高めるのです。

血管年齢を若くする方法|大人気のきなり

きなり申込み